ニュース&トピックス

過去の一覧

2016.9.10






新シリーズ「NeXTRA」より、新開発「RAF構造(Rear Air Flow system)ドライバー」を搭載のイヤホンが登場。

■新開発「RAF構造(Rear Air Flow system)ドライバー」採用
ドライバーユニット内後方に背圧を正確にコントロールするチャンバーを設け振動板の高い制動性を実現。振動板の振動抑制や不要振動の発生を軽減することで、音声信号に対するレスポンスの向上と余分な残響の少ない優れたトランジェント(過渡)特性を発揮します。緻密に設計されたアコースティックなアプローチによりパワフルでありながら広い音場と高い空間表現を実現しました。※原音再生傾向で比較的フラットな周波数特性を示します。

■振動板に「PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)」を採用
一般的なPET材に比べ、高剛性で伝搬速度と内部損失のバランスが良好で全帯域において高い安定性を持ちます。

■ボイスコイルに「CCAW」を採用
ボイスコイルには銅をコーティングしたアルミ線である「CCAW」を採用。通常の銅線に比べ軽量な為、振動板の高いレスポンスを実現し、不要振動を低減します。高音域の優れた伸びと、歯切れの良い低音域再生を可能とします。

■ケーブルの脱着可能。MMCXコネクタ採用
ヘッド部分はMMCXコネクタ採用でケーブルの脱着が可能です。

■ディープマウントイヤーピースを採用
ディープマウントイヤーピースは従来型とは異なり、耳のより奥でイヤーピースがフィットするため、安定した装着感と豊かな楽曲再生を実現します。

1年を振り返り、新年度への活力をアップ!専門家や実践者と日頃の実践を共有し合うワークショップは臨場感あふれる新しい学び。

少人数制できめ細やかな指導の中で、さまざまな素材と出会い、子ども同士も係わりあいながら、感性豊かな子どもを育てます

ページ上部へ戻る